青汁探検隊のエミ隊長が青汁を比較検証しておすすめ青汁を紹介します!

おすすめ青汁をエミ隊長が紹介するよっ! | 青汁探検隊

藍を使った青汁は抗酸化作用、抗がん作用がある。

藍っていう原料に注目している青汁探検隊のエミ隊長です。

藍ってなに?

って思ってい人もいると思います。

藍は古来伝承素材で植物なんです。
これが栄養が豊富で青汁にも使われているんですよ。

今回は青汁の原料に使われているについて説明します。

藍の特徴を見てみよう

藍ってみたことないですよね?

藍

これがなんです。

なんか普通の葉っぱですよね(笑)

ですがこの藍の栄養が豊富で青汁の原料としても使われているんです。

では藍の凄いところはどこなんでしょうか。

薬膳野菜と使われている藍

藍の歴史は古く日本には6世紀頃中国から伝わり、藍色の染料を採る為に広く栽培されていたそうです。

藍による染色を愛好する人も多く染色として使われることも多いですがとても栄養素が高く薬膳野菜としての高もあるんです。

食物繊維ミネラルなどが豊富で

腸内環境を整えたり
貧血の防止
冷え性改善

などダイエット健康に効果的なんですよ。

ポリフェノールが豊富に含まれている

またこの藍にはポリフェノールが豊富に含まれているんです。

ポリフェノールは・・・
ワインなどに多く含まれておりコレステロールの酸化を抑制し、活性酸素の働きを抑えてくれる。

という効果があります。

これは老化防止につながるんです。

シミ・シワ・たるみなどの改善にも良いですしガンや動脈硬化の防止につもつながるんです。

美容と健康にも効果的なんです。

藍入り青汁の効果は?

藍入りの青汁って結構珍しいんですよ。

数少ない中でも藍の青汁はとても人気があります。

ではこの藍にはどんな栄養素がどれだけ入っているのでしょうか。

藍の栄養素を数字で見てみよう

藍って聞いてあまり栄養素がピンときませんよね?(笑)

それだけかなり珍しい原料だと思いますよ。

色々と調べてみたんですけど藍の情報が少なくて。。。

ということで藍に含まれる成分がどんな効果があるか紹介しますね。

藍に含まれる成分

カフェ酸/フラボノイド 抗酸化作用
トリプタンスリン 抗がん作用、抗白血病作用
トリプタンスリン/ケンペロール 抗炎症作用、抗菌作用
ケンペロール 免疫調整力
ケルセチン/グルクロニド 抗ウィルス作用

こんな感じです。

抗菌作用などの効果がある成分が多く含まれています。

お茶などでも藍は使われ藍を飲んでいる方は健康な方が多いみたいですよ。

藍入り青汁の効果

藍入りの青汁の数は少ないですがその効果は高いです。

まずは健康効果ですね!

抗菌作用
ガン予防
免疫力アップ

などどなたでもほしい効果があります。

また体内をスッキリさせたい方も食物繊維が豊富なので効果的だと思います。

味も美味しいし言うことなしの青汁の原料だと思いますよ。

藍を使った青汁は抗酸化作用、抗がん作用がある。のまとめ

  • 藍をつかった青汁は珍しい
  • 抗酸化作用、抗がん作用、抗炎症作用などがある
  • 食物繊維やポリフェノールも豊富で腸内環境から若返れる
  • お茶として飲んでいる人もいるので味もおいしい

【人気青汁】エミ隊長が比較、ランキングしました!

色んな青汁が販売されていて、どれを飲めばいいの?

そんな青汁選びに迷っている時は、エミ隊長の人気青汁比較ランキングを見てみてください
٩(ꇐ‿ꇐ)۶↓

人気青汁の比較ランキング

ランキング上位の青汁は人気や実績もあっておすすめです!

投稿日:

Copyright© おすすめ青汁をエミ隊長が紹介するよっ! | 青汁探検隊 , 2018 AllRights Reserved.