青汁探検隊のエミ隊長が青汁を比較検証しておすすめ青汁を紹介します!

おすすめ青汁をエミ隊長が紹介するよっ! | 青汁探検隊

青汁に豊富なポリフェノールの役割と効果

新しい栄養素がないか日々調べている青汁探検隊のエミ隊長です。

やっぱり新しい栄養素ってなかなか見つかるものじゃないですね。
知らない栄養素とか効果とか見つかった時はエミ隊長はテンションがあがります!

最近、注目されている栄養素でポリフェノールってご存じですか?

エミ隊長もポリフェノールが登場した時から色々と調べてみたので紹介しますね!

ワインに多く含まれるポリフェノールの働き

ポリフェノール

ポリフェノールって聞いて1番に思いつくことってワインに含まれている!じゃないですか?

そうなんです。

ポリフェノールはワインに含まれていて身体に良い成分として認知されています。

では、実際にどんな効果があるのかなどしっかりと確認して見ましょう!

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは
植物特有の生体成分でフラボノール・イソフラボン・タンニン・カテキン・ケルセチン・アントシアニンなどの物質の総称

になります。

ん?ちょっと難しいですよね?

簡単にいうと

植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分のこと
渋みや苦味があり、自然界にはポリフェノールは約5000種類ある言われています。

果物の皮が渋いのはポリフェノールだったってことですね。

ポリフェノールの働き

では、このポリフェノールにはどんな働きがあるのでしょうか。

ポリフェノールの働きは・・・
コレステロールの酸化を抑制し、活性酸素の働きを抑えてくれるんです。

活性酸素が増えると

美容・・・シミ・シワ・たるみなどの老化現象
健康・・・ばい菌・がん細胞が活発になりガンや動脈硬化に繋がる

こんなことが置きてしまうんですね。

ってことはポリフェノールが多く含まれているワインを飲んでいる人はガンなどになりにくいということです。

青汁の効果についてはこちら

青汁でポリフェノールを摂取しよう

このポリフェノールという栄養素。

青汁でも摂取することが可能なんですよ。

青汁のケール・明日葉・ゴーヤ・桑の葉などに多く含まれていますが、実は原料によって摂取できるポリフェノールの種類がことなるんです。

青汁の原料についてはこちら

青汁の原料別でポリフェノールを見てみよう

ポリフェノールの種類別原料

ケール ケルセチン・イソチオシアネート
明日葉 カルコン・クマリン・ルテオリン
長命草 クロロゲン酸・ルチン
ゴーヤ ククルビタシン
桑の葉 ケルセチン・アントシアニン

これぜーんぶポリフェノールなんですよ。
種類が多いですよね。

ケールに含まれているケルセチンやイソチオシアネートには抗ガン作用があったり
クロロゲン酸、ルチンには血管強化の作用があったりと、とても大切な栄養素なんです。

青汁の栄養素についてはこちら

青汁のビタミンCがポリフェノールを吸収してくれる

ポリフェノールの大切さについてはわかって頂けたと思います。
ポリフェノールはチョコレートやワインや緑茶などいろんなものから摂取できますが青汁から摂取することでもっとも効果を発揮してくれるんです。

青汁にはポリフェノールはもちろん他の栄養素も豊富に含まれていますよね。

例えば青汁に含まれるビタミンC!
ビタミンCはポリフェノールの吸収を促進してくれる効果もあるんです。

ビタミンCについてはこちら

このようにポリフェノールだけ摂取するよりも、他の栄養素と合わることで効果を発揮してくれます。
青汁にはいろんな栄養素が含まれているのでポリフェノールの効果を最大限発揮したい方に最適な健康補助食品なんです!

アンチエイジング効果もあるので健康だけじゃなく、美容にもおすすめの栄養素ですよ!

青汁に豊富なポリフェノールの役割と食物や料理のまとめ

  • ポリフェノールは約5000種類ある物質の総称
  • コレステロールの酸化を抑制や活性酸素の働きを抑えてくれる
  • 美容・健康効果がある成分
  • 青汁の原料ではケール・明日葉・ゴーヤ・桑の葉などに多く含まれる
  • ビタミンCがポロフェノールの吸収を促進してくれる

エミの人気青汁比較ランキング

色んな青汁が販売されていてどれを飲めばよいか迷っている方はエミの人気青汁比較ランキングを御覧ください。

人気青汁ランキング

上位のものは人気や実績もありますので安心です!

投稿日:

Copyright© おすすめ青汁をエミ隊長が紹介するよっ! | 青汁探検隊 , 2018 AllRights Reserved.